来訪者:Counter

「国語の授業」261号

2017年秋号発行

本ホームページの「お問い合わせ」よりメールで住所と氏名を明記の上ご連絡くだされば、本部より送付いたします

季刊・申し込みは子どもの未来社でも可

03-3830-0027

1400円×4+送料=6000円

詳しくはこちらから

54回夏季アカデミー

2017年8月4日〜5日開催

詳しくは要項

54回夏季アカデミー分科会案内

2017年8月4日〜5日開催(金・土)

詳しくは要項

2017埼玉集会案内

2017年月11月23日開催(土)

詳しくは要項

25回児言研関西集会案内

2016年7月30日開催(土)

詳しくは要項

42回国語研究集会・名古屋案内

2016年7月29日開催(金)

詳しくは要項

講座

2016年

詳しくはこちらから

たのしい文法の授業

考える力を伸ばす構文法の指導<低学年用>

詳しくはこちらから

一読総合法読みの授業と理論

一読総合法読みの授業と理論

詳しくはこちらから

創立五十周年記念

21世紀を拓く国語教育の創造

詳しくはこちらから

文学・説明文の授業

豊かな読みを子どもたちに 小学国語 文学・説明文の授業 1年

詳しくはこちらから

たのしい文法の授業

考える力を伸ばす構文法の指導<低学年用>

詳しくはこちらから

委員長あいさつ

教室でじっくり文章を読み合おう


 児童言語研究会は、1951年に創立して今年65年になります。  文章をていねいに読まず、場面ごとに何が書かれているかの要約だけが分かれば良し、紹介文を書いたり、感動したことを書いたりする授業が増えています。これでは、物語世界の感動や人間への深い理解は生まれません。社会や自然への認識ま深まりません。
。  また説明文であれば文章を読み、論理が妥当であるか、内容が真実であるか、筆者はその教材で、どのような自然認識や社会認識を学ばせようとしているのかなどをつかむ必要があります。新聞・テレビ・ネットなどのメディアの報道を批判的に読むことも説明文を読むことの課題です。
 福島の原発事故以前は「安全神話」だけくり返し広報されてきました。その結果原発は「エコでクリーンなエネルギー」と人々は思わされてきました。原発推進の立場から「書かれていること」を「正しく読む」では、主権者意識は育ちません。「何が書かれていて、何が書かれていないか」を吟味すること、また平和、環境、人権などで、それにふさわしい教材かを吟味しなければなりません。
 文学教材にも言えることですが、定番教材の少ない説明文については発掘が特に必要です。そのために今、教材分析力を高めることが必要なのです。
 一読総合法の授業への注目は広がっています。しっかりとした教材研究に裏付けられた実践を載せてある「今から始める一読総合法」を手に取る人も広がっています。文章は絵画と違い、文章表現に即して継時的、線条的に読み進めます。一読総合法はまず子どもたちがひとり読みをし、その作業の中で、語り手が語る言葉に反応し、自分の知識・経験とつなげて表象したり、筆者のある対象への認識や論理を吟味しながら、論理的に考えたりします。文章の読みに沿ったものと言えます。国語教育界の中でも「書きこみ」の有効性への理解は広がっています。しかし、子どもたちの自力読みを貫く「ひとり読み」の本質的理解とはかけ離れた形で取り入れた事例が多いようです。「ひとり読み」はまた内言を外言化する働きにもなるのです。
 「ひとり読み」から「話し合い」へ学習活動を進める時に、「活発であるけれど深まりがない」「課題意識がはっきりしてない」との声をよく聞きます。一回やってうまくいかなかったで終わってしまうのでなく、実践を積み重ねていくことで子どもたち自身のものになっていくのです。ぜひ、長文の読みも含めて各地で授業を公開し研究交流をしていきましょう。
 ここ数年の児言研の成果は構文法を低・中・高とまとめたことです。学習指導要領では小学校の文法は重視されてきませんでした。「文(単位文)は判断であるという」命題は大久保忠利によって確立されました。ナニガドウスル(動詞文)、ナニガドンナダ(形容詞文)、ナニガナンダ(名詞文)は必ず書き手(話し手)の判断があるのです。小学校で主語・述語(低)、修飾語(中)を小学校で指導するだけでは、論理の一貫した文は書けませんし考えも育ちません。文法は、音声・文字・語句・文法と言語知識の4本の柱の一つです。日本コトバの会からも学んでいます。大阪児言研の積み重ねがあります。ぜひ、文法の実践を各地で取り組んでくださることようお願いします。
 新学習指導要領では、伝統的言語文化の授業とつなげて音読・暗唱の授業が増えていきます。しかし、内容理解とつなげた音読暗唱でなければ子どもの心に感動を呼び起こさないでしょう。音読・表現読みの実践・研究を進めましょう



児童言語研究会委員長・山岡寛樹
2015年12月森さんが書いたものとほぼ同じです。